2010年06月23日

ほくろって除去できるんですよね?

形成外科学(けいせいげかがく、Plastic and Reconstructive Surgery) とは、手術的手法により皮膚機能障害や外形の変形を治療する外科学の一分野。皮膚カンジダ症は、他の臓器に感染するカンジダ症と異なり、感染があるからといって後天性免疫不全症候群 AIDSによる免疫不全などを考慮する必要がない場合が多い。また、水分の透過性のある皮膚ではそれに溶け込んだ空気を一緒に透過させることも可能である。皮膚感覚(ひふかんかく)とは、触覚、痛覚、温度覚など、主に皮膚に存在する受容細胞によって受容され、体表面に生起すると知覚される感覚のことを指す。整形外科学(せいけいげかがく、英語 英Orthopaedics)人体の骨・関節・筋肉等の運動器系を主に診療研究するする医学の一分野。様々な動物の持っている皮膚の主な機能を以下に挙げる。整形外科(せいけいげか) 診療科の名称の一つ。
【関連する記事】
posted by ふゆ at 15:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。